病院での角質粒治療方法の詳細と、加えてやりたいケア方法

肌の目立つ部分に出来てしまい気になる角質粒。

 

それがコンプレックスとなって、

外出を控えてしまったり、おしゃれをするときに隠すような

コーディネートをする方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

その角質粒を、病院で取り除く場合の、

主な治療方法を、メリット・デメリットを両面からご紹介します。

 

よろしければご覧ください。

 

 

角質粒の主な治療方法とは?

 

角質粒の治療は、主に皮膚科で行われます。

 

主流になっているのは、液体窒素による冷却治療法です。

 

「冷却治療って、どうやるの?」

 

というお言葉にお答えしますと、簡単に言ってしまえば、

角質粒を低温やけど状態にしてかさぶたにして、

かさぶたごと取り払う方法になります。

 

方法としては、脱脂綿に液体窒素を含ませたものや、

液体窒素で十分に冷却したピンセットを角質粒に当てて、

 

低温やけどを起こします。そして、かさぶた状態にして、

はがれると共に一緒に剥がれ落ちてくれるようにするのです。

 

治療方法をご説明して想像できるかと思いますが、

この治療方法には、若干の痛みが伴います。

 

ですが、治療時間自体は短く、

数分~十数分程度で1回の治療は終わります。

 

そして、健康保険が効くところが多いので、

安価に取り組めるという利点があります。

 

デメリットとしては、かさぶた状態になるので、

傷口をひっかけてしまったり、

 

かさぶたがはがれるのに失敗してしまうと、

傷痕のように跡が残ってしまう可能性もあります。

 

そして、治療が1回で済むわけではなく、

数回の通院・治療が必要になります。

 

これが、主流になっている、角質粒の病院での治療方法です。

 

 

 

病院治療だけではなく、角質粒ができにくい体質にするには?

 

さて、ここまでで、病院での治療方法をご説明しましたが、

まずは、「角質粒ができにくい体質」を作ることが重要になってきます。

 

角質粒のできる主な原因は、肌の新陳代謝の乱れと言われていて、

新陳代謝のスピードが遅くなることで、

肌に剥がれるべきである角質が残ってしまい、

 

イボ状になって残ってしまうのです。

 

この肌の新陳代謝の遅延を治すためにおすすめしたいのが、

「ヨクイニン」という成分です。

 

ヨクイニンは、ハトムギ由来の成分で、

ハトムギエキスとも表記されます。

 

主な働きは、肌の新陳代謝の速度を

正常な状態に戻してくれたり、

新しい肌細胞を作る時に必要になる成分になります。

 

 

このヨクイニンが入った軟膏や美容商品を併せて使うことで、

治療に加えて、角質粒が出来にくい体質を作ることができます。

 

 

病院での角質粒の治療を考えている方は、

一緒に、ヨクイニンの入った美容商品の

摂取を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

 >>ヨクイニン配合オススメのコスメ!

 

 

 

ピンセットで取ると荒れる!気になる角質粒のピーリング方法

 

角質粒というものをご存知でしょうか?

角質粒とは、古い角質が溜まってできてしまう、

いわゆる「老人性イボ」のひとつの呼び方です。

 

首や顔など、目立つ部分にあるととても気になりますよね。

 

ピンセットなどで潰すと、白い角質の塊が出てくるかと思います。

 

ピンセットで潰すと、ニキビを潰した跡のようになってしまったりして、

なかなか上手く取ることができないという経験もあるかと思います。

 

 

ピーリングという方法を試したい、

と考える方もいらっしゃるでしょう。

 

まずは、この「ピーリング」の正しい方法を学んでいきましょう。

そして、角質粒を正しく取り去る方法も、考えていきましょう。

 

 

ピーリングって、そもそも何を示すの?

 

さて、では、よく聞く「ピーリング」とは、どんなものなのでしょうか?

 

ピーリングとは、簡単に言ってしまうと、

「古い角質を取り除いて、肌の新陳代謝を正しくする角質ケア」

の総称です。

 

石鹸や肌ケアの商品で、

ピーリング効果を売りにしているものが

沢山ありますが、

 

これを使えば簡単に角質粒が取れるかといわれると、

一概にそうとも言えません。

 

ピーリングとは、

あくまで「肌の新陳代謝を正常な状態に戻す」

効果を目指すものになります。

 

 

ですので、ピーリング効果のある石鹸などをあまり乱用してしまうと、

肌から自然に分泌される、

 

肌のケア成分までも洗い流してしまう可能性があり、

その分、肌が無防備な状態になってしまいます。

 

肌が無防備になると、紫外線などにより肌が更にダメージを受け、

肌に余計な負担がかかり、その状態が続いてしまうと、

敏感肌になってしまう可能性も捨て切れません。

 

つまり、これから肌に負担のかからない

正しい肌ケアの方法を一緒に調べていきましょう。

 

肌の新陳代謝を促進してくれる成分で、正しくピーリング!

 

では、肌の新陳代謝を促進してくれる成分で、

おすすめの方法をひとつご紹介します。

 

ご紹介したいのは、オリーブオイルです。

オリーブオイルは、調理用としてよく知られているので、有名でしょう。

 

オリーブオイルには、

血液中の悪玉コレステロールを下げる効果があり、

アンチエイジングの効果もあるそうです。

 

他にも、乾燥肌を改善したり、シワやシミをとる効果も期待できます。

 

肝心の角質粒は、そもそものきっかけが、

肌の新陳代謝のスピードが遅くなってしまう事により起こってしまう現象です。

 

オリーブオイルによるマッサージには、

肌の新陳代謝を促す効果もあるので、

 

マッサージオイルやクレンジングオイルとして使うと、

効果が感じられる可能性があります。

 

 

ここで注意をしたいのが、マッサージをする頻度です。

 

毎日、何度もマッサージをするよりは、

数日に1回、

念入りにマッサージすることを継続するほうが重要になってきます。

 

クレンジングオイルとして使うときも、

使った後に丁寧に洗顔をすればOK。

 

「使いすぎないこと」を重点において試してみてください。

 

正しいピーリングは、

「新陳代謝を早める」というよりは、

「新陳代謝を正しいスピードにする」という意味合いが大きいです。

 

ですので、やりすぎ注意で、試してみてください。

 

 >>コスメで角質粒を取るなら!

 

 

デコルテなどの気になる角質粒を自分で取るための方法を、各種ご紹介!

顔や首もと、

特にデコルテにできてしまう角質粒、とても気になりますよね。

 

この角質粒を自分で取る方法を、色々模索してみました。

 

即効性があるけれどリスクがある方法や、

即効性がないけれどリスク無くいける方法、

色々見つけましたので、順番にご紹介します。

 

 

 

即効性あり!カソーダの威力とは?

 

では、まずは角質粒を自分で取る方法で、

一番早く効く方法をご紹介いたします。

「カソーダ」という商品をご存知でしょうか?

 

 

カソーダは、角質粒だけではなく、ほくろや気になるイボなどの、

ポツポツした物体全体に効いてくれるとても便利な商品になります。

 

 

主な成分は、重曹とひまし油で出来ていて、これを気になる

角質粒などのポツポツに塗り続けていると、

 

 

数日~1週間ほどで患部がかさぶたのようになってきて、

最終的には取れてしまうというとても便利な商品になっています。

 

 

カソーダは、自分で作ることもできますが、

薬局などで販売されているものを使うほうが、

手間がかからず便利に使えるでしょう。

 

 

ですが、注意したいことがあります。

 

 

カソーダは、仕組みを説明しますと、

皮膚にダメージを与えて、

その後にできたかさぶたごと取り除く・・・という方法の商品です。

 

 

ですので、健康な肌にもカソーダが触れてしまうと、

その部分が炎症を起こしてしまう可能性があります。

 

 

カソーダを使う場合は、絆創膏やガーゼなどで患部を覆い、

健康な肌に触れないようにすることが重要になってきます。

 

 

 

リスクなしで効く!ヨクイニンとは?

 

それでは、次は即効性は無いものの、

リスクが無く効いてくれる商品についてご紹介いたします。

 

敏感肌の方には、こちらがおすすめできるかもしれません。

 

ご紹介したいのは、「ヨクイニン」という成分です。

 

ヨクイニンとは、ハトムギエキスとも書かれる成分で、

ハトムギ由来の天然成分になっています。

 

サプリメントや軟膏に入っている場合が多く、

角質ケアの商品にも入っている事が多いようです。

 

 

ヨクイニンは、

角質粒の主な原因である「肌の新陳代謝の悪化」

に効いてくれる働きがあり、

 

 

肌の新陳代謝を促進してくれたり、

肌細胞を新しく作り上げる時に必要になってきます。

 

 

小麦系のアレルギーを持っていない方であれば、

ヨクイニンは副作用を生じることなく使うことができます。

 

 

ただし、即効性が無いので、

使用の目安としては、3ヶ月以上の継続した使用を推奨されています。

 

 

これには個人差があり、1ヶ月ほどで効く方もいれば、

半年かかってやっと効いてくる方もいるようです。

 

 

ヨクイニンは、じっくり効果が出るので、忍耐勝負になりますね。

 

 

最後にまとめると・・・

 

さて、最後にまとめますと、

即効性を求めて、肌が弱くない場合はカソーダをおすすめします。

 

遅く効く場合でも、肌に負担をかけたくない場合は、

ヨクイニンの入った商品をおすすめします。

 

ご自身の肌のコンディションや状態を確かめたうえで、

どちらを使うかを決められてみてはいかがでしょうか。

 

 >>コスメで改善なら売上№1のこの商品!