デコルテなどの気になる角質粒を自分で取るための方法を、各種ご紹介!

顔や首もと、

特にデコルテにできてしまう角質粒、とても気になりますよね。

 

この角質粒を自分で取る方法を、色々模索してみました。

 

即効性があるけれどリスクがある方法や、

即効性がないけれどリスク無くいける方法、

色々見つけましたので、順番にご紹介します。

 

 

 

即効性あり!カソーダの威力とは?

 

では、まずは角質粒を自分で取る方法で、

一番早く効く方法をご紹介いたします。

「カソーダ」という商品をご存知でしょうか?

 

 

カソーダは、角質粒だけではなく、ほくろや気になるイボなどの、

ポツポツした物体全体に効いてくれるとても便利な商品になります。

 

 

主な成分は、重曹とひまし油で出来ていて、これを気になる

角質粒などのポツポツに塗り続けていると、

 

 

数日~1週間ほどで患部がかさぶたのようになってきて、

最終的には取れてしまうというとても便利な商品になっています。

 

 

カソーダは、自分で作ることもできますが、

薬局などで販売されているものを使うほうが、

手間がかからず便利に使えるでしょう。

 

 

ですが、注意したいことがあります。

 

 

カソーダは、仕組みを説明しますと、

皮膚にダメージを与えて、

その後にできたかさぶたごと取り除く・・・という方法の商品です。

 

 

ですので、健康な肌にもカソーダが触れてしまうと、

その部分が炎症を起こしてしまう可能性があります。

 

 

カソーダを使う場合は、絆創膏やガーゼなどで患部を覆い、

健康な肌に触れないようにすることが重要になってきます。

 

 

 

リスクなしで効く!ヨクイニンとは?

 

それでは、次は即効性は無いものの、

リスクが無く効いてくれる商品についてご紹介いたします。

 

敏感肌の方には、こちらがおすすめできるかもしれません。

 

ご紹介したいのは、「ヨクイニン」という成分です。

 

ヨクイニンとは、ハトムギエキスとも書かれる成分で、

ハトムギ由来の天然成分になっています。

 

サプリメントや軟膏に入っている場合が多く、

角質ケアの商品にも入っている事が多いようです。

 

 

ヨクイニンは、

角質粒の主な原因である「肌の新陳代謝の悪化」

に効いてくれる働きがあり、

 

 

肌の新陳代謝を促進してくれたり、

肌細胞を新しく作り上げる時に必要になってきます。

 

 

小麦系のアレルギーを持っていない方であれば、

ヨクイニンは副作用を生じることなく使うことができます。

 

 

ただし、即効性が無いので、

使用の目安としては、3ヶ月以上の継続した使用を推奨されています。

 

 

これには個人差があり、1ヶ月ほどで効く方もいれば、

半年かかってやっと効いてくる方もいるようです。

 

 

ヨクイニンは、じっくり効果が出るので、忍耐勝負になりますね。

 

 

最後にまとめると・・・

 

さて、最後にまとめますと、

即効性を求めて、肌が弱くない場合はカソーダをおすすめします。

 

遅く効く場合でも、肌に負担をかけたくない場合は、

ヨクイニンの入った商品をおすすめします。

 

ご自身の肌のコンディションや状態を確かめたうえで、

どちらを使うかを決められてみてはいかがでしょうか。

 

 >>コスメで改善なら売上№1のこの商品!